• 木下スポーツクラブ

4人目

順番が回ってきたので自己紹介を始めていきます。

名前:木立 健太(きだち けんた)

生年月日:1994年10月5日 25歳

出身:福岡県 福岡市

趣味:サッカー、映画鑑賞(洋画好き)


福岡市で生まれ、幼少期から小学4年生までは福岡市西区姪浜で過ごし、小学5年生から久留米に引っ越してきました。小学校は西国分小学校、中学校は諏訪中学校、高校は南筑高校と学生生活を過ごしてきました。大学は岡山県の環太平洋大学といって自分達で7期生と新しい大学でした。大学では教育学部に入り、小学校教諭の免許を取得して大学を卒業しました。大学は部活動にも力を入れていて各部活で全国から人が集まっていて多くの人と交流が出来ました。サッカー部で約200名の部員がいました!これほど多くの人が集まったところでサッカーをしたことがなかったので最初は衝撃を受けました。そんな中でもやってこれたのは同期のメンバーや誇れる先輩達がいて、サッカーが好きだからだと思います。

幼稚園の時に始めたサッカーを大学も部活動に入り約20年間一度も辞めずに続けてきました。サッカーを通して多くの人とのつながりができてサッカーをしていて本当に良かったと思っています。


小学校の先生になりたかった理由で大学に入学しましたが、大学3年生に受けた教育実習で実際に教育の現場に立ってみると自分の思っていたことが甘かったと実感して、大学4年生からは就職活動に切り替えました。卒業をしてからは内定を頂いた会社で博多の方で営業職をしていましたが、1年間で退職し再就職先を探す期間がありました。その時に、これまでやってきたサッカーを活かしてスポーツの仕事をしたいと思いネットで探していると、木下スポーツが出てきて職員募集していたので思い切って電話をかけると現場を体験して面接をしますと言われすぐに行きました。そして、木下スポーツに中途で受かり今に至ります。


木下スポーツで2年目になりますがまだまだ、成長できると信じて今も全力でレッスンをしています。自分の好きなスポーツを子ども達教えることができ、現場は違いますがなりたいと思っていた先生と呼ばれる立場にもなれてとてもうれしく思います。自分があの時に電話をかけて今の自分がいるのでこの縁を大切にしてこれからも子ども達には自分の教えられることは全てを教えていき子ども達と一緒に成長していけるようにこれから頑張っていきますのでこれからもよろしくお願いします!


0回の閲覧